*奏符楽音の生存報告*

管理人「奏符楽音」(そぷらの)が忘れたころにやってくる生存報告場所になります。普段の活動場所はついったー@alto_strangerです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

体験授業!

さてはて、またもやしばらくぶりの日記となりましたが、これからは頻繁に更新できるかもしれません。

はたまた忙しくなって更新すら出来なくなるかもわかりませんが、できるだけ頑張っていこうと思います。


さて、今日あったことをば。

4月から通う専門学校の体験授業的なものがあったので、行ってまいりました。

何を学ぶのかといいますと、楽器修理なのです。


今日は、トロンボーンのスライドや、トランペットの抜き差し管が曲がってうまくスライドや抜き差しが出来なくなってしまったときの修理の仕方について触れました。

・・・難しいです。
まぁ、難しくなかったら、逆に大変なことですがが。
入学したら上手くできるように何度も練習するのでしょうがが・・・綺麗に直せるようにならねば。

そのあとは、ライブを聞いたりお昼を食べたり。

その後は、先生から音についてのいろいろなことを聞いたりしました。

ドレミファソラシドは、何語か?―イタリア語

から始まり、

日本語、英語、ドイツ語での音階の読み方、半音階の読み方などなど・・・

それから、Hzのこと、音の波の話(中学のとき理科の授業で触れたなぁ)など・・・
音の速さは15℃のとき空気中を秒速340mですすむけれど、水やガラスではもっと速く進むこと、木は材質によって音の進む速さが違い、音の進む速さがとても速い木(名前忘れた;;)をピアノの音を反射するところに使うのだとか。考えて使われているのだなぁ・・・などなど。

人間の耳はだいたい20~20000Hzくらいまでの音が聞けて音楽で使われるのは25~8000Hzくらいで、音程として使えるのは4000Hzくらいまで・・・だったっけか・・・うろ覚えだ;;
数字とか名前を覚えるのが苦手な亜瑠斗であった。

あとは、音楽の三要素

・リズム
・メロディ
・ハーモニー

とか、

音の要素

・音程
・長さ
・大きさ
・音色

があるということを教えてもらいました。

そんなところであろうか。

こうやって毎日日記を付けていくことが・・・できればいいが・・・
ちなみに今日は、免許を取ったので自分の運転で駅まで行きました。

まぁ、まだ隣に親を乗せてますが。

帰りは夜だったのですが・・・やはり夜の運転は怖い・・・
スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

管楽器リペア(`・ω・´)」 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<今日は入学式でした! | HOME | かなり久しぶりでございます。>>

この記事のコメント

おつおつ

とりあえずバンドやればいいよ!
2011-03-07 Mon 01:00 | URL | いかろす [ 編集]
ギターとかはその・・・無理です!

アルトサックスでよければ・・・
2011-03-07 Mon 22:28 | URL | 亜瑠斗 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。